スポーツジム活用法


運動不足を解消するために、仕事終わりにスポーツジムに通うという人も多いです。2014年のフィットネス業界のマーケット規模は4316億円に達しています。そしてスポーツジムの施設数は4375件を記録していて、会員数は419万3706人に上ります。ただしこの会員数はすべての人がジムを利用しているわけではなく、参加率は3.3%程度といわれています。

スポーツジムはこれだけ日本全国にたくさんあるので、業界内の競争も激化しています。このため、差別化を図るためにいろいろと特徴を打ち出しているスポーツジムも出てきています。例えばただ単にマシンを用意するだけでなく、ホットヨガスタジオやストレッチサービスを提供しているところもあります。また24時間営業にして、セルフサービスでトレーニングする方式のスポーツジムも見られます。さらには女性専用のスポーツジムサービスを提供しているお店も見られます。女性の中には男性と一緒にトレーニングするのは恥ずかしい、気になってしまうという人もいるでしょう。そのような人は女性しか会員のいないスポーツジムなら安心して通えるでしょう。さらに最近ではネットと連動して、これまでどのようなエクササイズをこなしてきたかマイページで確認できるサービスを実施しているスポーツジムも見られます。

このようにスポーツジムも多様化しているので、どこに会員登録するか慎重に決めましょう。以下では一般的なスポーツジムの設備についていくつかピックアップします。